アーバーデザインではモノつくりの手法に制限はありません、「~ついて考える」という提案であるのかもしれません。

 

ここでは映像作品を紹介します、よければ観ていってください☆

『解体』